信号用SPD(外部接続用端子配列 動作表示・警報接点付)/アレスタ
 信号用SPD 戻る

用途

本器は計装用信号ラインに侵入した雷サージにより、計装機器の電子回路が破損することを防ぐSPD です。

DAシリーズ

DA-RH DA-RT DA-GT
DA-RH DA-RT DA-GT


特長

JIS C 5381-21:2014 カテゴリC2 に対応しています。

小形プラグイン構造で、本体部を端子台部から引き抜いてもラインがオープンにならない構造になっていますので、保守性に優れています。

計測信号に影響なくサージだけを吸収します。

従来(JIS対応前)のDAシリーズと互換性があります。

カタログ

JIS規格対応

PDFダウンロード
DA_JIS_Rev0.pdf

SIZE:1.4MB

製品カタログ/取扱説明書ダウンロード

※ 本サイトでは、当社が発売したすべての機種の取扱説明書は掲載しておりません。
ご希望の取扱説明書が見つからない場合には、ご購入先または弊社営業までお問い合わせください。

信号用SPD DAシリーズ
形名 信号の種類 カタログ 取扱
説明書
DA-TP 計測信号(2線信号)用
DA-HT 熱電対(2線信号)用
DA-RH 測温抵抗体(3線信号)用
DA-RT ポテンショメータ(3線信号)用
DA-GT パルス(3線信号)用
ページの先頭に戻る

DA2シリーズ 動作表示・警報接点付

DA2-TP
DA2-TP
特長

JIS C 5381-21:2004 カテゴリC1,C2 に対応しています。

インパルス耐久性は20kA(8/20μs)、1kA(10/350μs)の高耐量です。

10kA(8/20μs)±15%の誘導雷サージ(接地間)を検出します。
動作表示:白に変化 、警報接点:ON(連続)
20kA(8/20μs)未満のサージの検出では防護機能を持続します。

定格電流(最大負荷電流)200mA です。

プラグイン構造で点検・交換が容易です。本体を引抜いても信号回線は切断されません。

DINレールと壁取り付けの2方式に対応しています。

動作表示と警報接点によりSPD の保守管理が省力化できます。

接地端子と取り付け足、DIN レールは絶縁されています。


製品カタログ/取扱説明書ダウンロード

※ 本サイトでは、当社が発売したすべての機種の取扱説明書は掲載しておりません。
ご希望の取扱説明書が見つからない場合には、ご購入先または弊社営業までお問い合わせください。

信号用SPD DA2シリーズ
形名 信号の種類 カタログ 取扱
説明書
DA2-TP 直流信号用
DA2-HT 熱電対用
DA2-RH 測温抵抗体用
DA2-RT ポテンショメータ用
DA2-GT パルス用
ページの先頭に戻る

DA3シリーズ 動作表示・警報接点付(外部接続用端子配列) 

信号用SPD DA3-TP
DA3-TP
特長

新端子配列の採用で、外部接続用の端子としてご利用できます。

連結金具にて接地端子の接続が可能です。

JIS C 5381-21:2004 カテゴリC1,C2 に対応しています。

最大放電電流(lmax)20kA(8/20μs)の高耐量です。

10kA(8/20μs)±15%の誘導雷サージ(接地間)を検出し、本体前面に動作を表示。同時に警報接点を出力します。
lmax以下の検出では保護機能を持続します。

動作表示と警報接点によりSPDの保守管理が省力化できます。

本体の交換に、工具を必要としないプラグイン構造です。

接地端子と取り付け足、DIN レールは絶縁されています。

定格電流(最大負荷電流)は200mAです。

壁取り付けとDINレール取り付けの両方に対応しています。

製品カタログ/取扱説明書ダウンロード

※ 本サイトでは、当社が発売したすべての機種の取扱説明書は掲載しておりません。
ご希望の取扱説明書が見つからない場合には、ご購入先または弊社営業までお問い合わせください。

信号用SPD DA3シリーズ
形名 信号の種類 カタログ 取扱
説明書
DA3-TP 直流信号用
ページの先頭に戻る

通信用SPDはこちらをご覧下さい。
低圧電源用SPDはこちらをご覧下さい。


信号用・低圧電源用SPD DA2シリーズ 「信号用・低圧電源用SPD DA2シリーズ」 単冊カタログをご用意しております。
ご希望の方は、カタログ請求フォームからご請求ください。


カタログ請求フォームへ


 営業へのお問い合せ  E-mail
 TEL 03-3885-2411  FAX 03-3858-3966   sales@daiichi-ele.co.jp

 技術へのお問い合せ  E-mail
    support@daiichi-ele.co.jp
戻る

PDFファイルの情報をご覧になるには、 Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をダウンロードして下さい。