QT2-500 製品概要

本器は電力系統の集中監視の発達に伴う配電盤計測の省スペース、省工数に適した製品です。電力系統の1回路と接続するだけで、電流、電圧、有効電力、無効電力、力率、周波数、潮流演算、高調波を含む、様々な交流の電気諸量を、1台で計測できます。計測項目は、アナログ、RS485通信、電力量パルスを同時に出力可能で、お客様の使用目的に応じて、自由に設定が可能となります。

QT2-500 製品特長

  • 国際規格対応

    IEC 60688:2012(トランスデューサ)、IEC 62053:2003(電力量計)に対応。

  • 幅広い入力回路に対応

    相線方式、電圧定格、電流定格を設定で切替可能。440Vダイレクト接続対応。

  • 豊富な出力形式

    アナログ×10点、パルス×2点、RS485通信を、1台に標準装備。

  • PCソフトウェアによる設定に対応

    前面のUSB端子とパソコンを接続する事で、専用ソフトウェアによる設定値の書き込みと読み出しが可能。
    > ダウンロードはこちらから

  • 表示機能搭載

    高コントラストの有機ELパネルで、設定変更、計測項目の表示が可能。

  • ループテスト、誤配線判別サポート機能付き

    前面操作によるテスト出力で、設置後の配線確認が可能。前面パネルに電圧、電流の位相角を表示し、誤配線箇所の判別をサポート。

デザイン

従来のマルチトランスデューサのデザインをいちから見直しました。レール取り付け時の占有面積を縮小し、限られた容積の中に実装が可能です。また、開閉式端子カバーの採用により、配線作業時のメンテナンス性が向上しています。

表面シートや端子銘板のデザインも一新。視認性や可読性を考慮したレイアウトを行い、コンパクトなボディで犠牲になりがちな操作性に配慮しています。

QT2-500外形寸法 ※数字はQT2-500外形寸法

ダウンロード

マルチトランスデューサ
形名 カタログ 設定ソフトウェア
QT2-500

本設定ソフトウェアをパソコンにインストールすることにより、USB経由でQT2-500の設定値書き込み、読み出しが可能です。対応OSはWindows®7 (32/64bit)およびWindows®8.1 (32/64bit)です。なお、ダウンロードにはユーザー登録が必要となります。

© 2007,2010 DAIICHI ELECTRONICS CO.,LTD.
All rights reserved.
株式会社第一エレクトロニクス
〒 121-8639
東京都足立区一ツ家一丁目11番13号
TEL:03-3885-2411
FAX:03-3858-3966

ページの先頭に戻る