デジタル計測器/故障表示器/アナンシェーター
 故障表示器 アナンシェータ FSA−96 戻る

用途

本器は保護継電器からの故障入力信号により、警報表示及び警報出力を行います。
また、オプションの通信出力により中央監視装置へ信号の受け渡しが可能です。

FSA-96

FSA-96
特長

従来のリレー回路、警報装置、表示ランプのシステムの一体型製品であり配線工数の低減が可能です。

入力は電圧入力10点。
故障(状態)入力8点、外部操作入力2点
警報出力は重故障(BELL)、軽故障(BUZZER)、入力8点のOR出力(collective report)が付いており、さらに自動復帰/手動復帰の設定が可能です。

警報出力は接点容量が大きなオムロン製リレーMY2-02を使用。

入力毎に重故障/軽故障及び状態表示(表示あり/なし)の4通りの動作モードの設定が可能です。

通信プロトコルは設定により2種類の選択が可能です。
(プロトコルA)
弊社、電子式マルチメータと同一プロトコル。
(プロトコルE)
本器独自のプロトコルで、上位機器からの通信制御なしで一定間隔のデータ送信が可能。複数台接続の時、通信処理時間の短縮がはかれます。


品名

形名

 カタログ

故障表示器

FSA-96

FSA-96_Revb.pdf
SIZE:1.5MB
ページ総数:2


 営業へのお問い合せ  E-mail
 TEL 03-3885-2411  FAX 03-3858-3966   sales@daiichi-ele.co.jp

 技術へのお問い合せ  E-mail
    support@daiichi-ele.co.jp
戻る

PDFファイルの情報をご覧になるには、 Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をダウンロードして下さい。