トランスデューサ/変換器
 プラグイントランスデューサ ソフトスペックタイプ 戻る


概要

電子部品は高性能パーツの採用、部品単体でのエージングおよび製品における高温環境下での通電エージングを実施し高品質高信頼性を確保しております。
プリント板B面は部品とりつけ後クリーニングし、耐湿性の高いワニスでコーティング処理を行い、基盤面の絶縁抵抗の安定性を図り絶縁劣化の防止をしております。
過大入力が印加されても出力を定格の1.5倍に制限し、出力側機器の保護をする出力ミッタ回路が装備されております。



ソフトスペックタイプカタログ プログラミングユニットによりパラメータ設定が出来るタイプが記載されたカタログです。 PDFダウンロード
形名構成・共通仕様・外形寸法 形名構成、共通仕様、ご注文要項、外形寸法などを纏めております。 PDFダウンロード

製品カタログ/取扱説明書ダウンロード

※ 本サイトでは、当社が発売したすべての機種の取扱説明書は掲載しておりません。
ご希望の取扱説明書が見つからない場合には、ご購入先または弊社営業までお問い合わせください。


加減算トランスデューサ

3入力の加減算トランスデューサ。
プログラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、加減算トランスデューサのパラメータ変更およびループテスト用の疑似出力が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CADTP1
ページの先頭に戻る
乗除算トランスデューサ

3入力の乗除算トランスデューサ。
プログラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、乗除算トランスデューサのパラメータ変更およびループテスト用の疑似出力が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CMLTP1
ページの先頭に戻る
温圧補正トランスデューサ

流量を測定するために温度、圧力、差圧の条件を取り入れて演算するトランスデューサ。
プログラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、温圧補正トランスデューサのパラメータ変更が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CLTP1
ページの先頭に戻る
中間値セレクタ

3入力の中から中間値となる入力を選択して出力するトランスデューサ。
プログラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、中間値セレクタのパラメータ変更およびループテスト用の疑似出力が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CMSTP1
ページの先頭に戻る
関数発生トランスデューサ

直流入力の折れ線演算トランスデューサ。
プグラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、関数発生トランスデューサの折れ点X、Y各16点の設定が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CFGTP1
ページの先頭に戻る
アナログバックアップトランスデューサ

コンピュータやPIDコントローラダウン時の出力をバックアップするトランスデューサ。
プログラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、アナログバックアップトランスデューサの入出力追従動作(SPEED)と補助電源停電時の出力保持機能(HOLD)の設定が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CAMTP1
ページの先頭に戻る
電圧パルストランスデューサ

直流入力信号を単位パルスに変換するトランスデューサ。
プログラミングユニット(CCM−1)を使用する事により、電圧パルストランスデューサの出力パルスの周波数、パルス幅および低入力時の出力カット値の設定が可能。

形名 カタログ 取扱
説明書
CVFTP1
ページの先頭に戻る
プログラムユニット

ソフトスペックタイプトランスデューサ(Cシリーズ)の設定値を変更する設定器です。
データ設定機能の他、プログラミングユニットによる任意の値を出力でき、ループテストを行うときに便利です。

形名 カタログ 取扱
説明書
CCM-1
ページの先頭に戻る


 営業へのお問い合せ  E-mail
 TEL 03-3885-2411  FAX 03-3858-3966   sales@daiichi-ele.co.jp

 技術へのお問い合せ  E-mail
    support@daiichi-ele.co.jp
戻る

PDFファイルの情報をご覧になるには、 Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をダウンロードして下さい。